« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月20日 (土)

「DrumsRecording勉強会」見学者

「DrumsRecording勉強会」見学者が、募集人数に達した為、募集を締切らせていただきます。

尚、実演奏者(ドラマー)は、あと3名受付可能です。

この勢いだと、あッ!言う間に埋まってしまいそうデス!!!

ご予約はお早めに~ε=ε=(;´Д`)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ドラム義塾Presents
「DrumsRecording勉強会」

ミュージシャンがレコーディングをするうえで、最低限理解しておかなければいけない知識とは何か?
レコーディングエンジニア坂本充弘(オフィス彩音工・代表)氏に協力いただき、
マイクセッティングから音づくり、レコーディング、TD作業までエンジニアの目線からドラマーに必要な知識・技術を学びます。
さらに、アレンジャー、作曲家、自宅録音など、自分でレコーディングをしている(していく)方たちも、全ての工程の見学参加OK~☆
生楽器の録音、マイクの立て方など、プロの技術を徹底的に追及します。

【日時】
2008年10月25日(土)
14時~16時
【会場】
アダチ音研・MoonriseStudio
【内容】 
①マイクセッティング見学。
②一人ひとり叩いて、モニターチェック。
③クリックを聞きながら、パターン録音。
④プレイバック、トラックダウン、CD-R作成。
【参加人数】
ドラマー(実演奏者)・・・限定5名
見学者・・・5名 定員に達しました!
【参加費】
ドラマー(実演奏者)・・・¥5,500-
見学者・・・¥2,000- SOLD OUT!
○対象者○
『演奏者』ドラマー(ドラム義塾生、一般、問わず。レコーディング経験不問。)
『見学者』レコーディングについて学びたい方(プレイヤー、アレンジャー、作曲家、宅録をしている方など)

 
■お問い合せ■
株式会社アダチ音研
media@adachionken.net
フリーコール 0120-977-474
Tel/Fax 045-711-8282

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月19日 (金)

検査

検査
やっと検査が終了
何だか注射が効き過ぎたようで目の焦点がしばらく合わずにグルグルグルグルドカーン!(-o-;)
になってしまいましたが復活!
お腹ペコペコですが
いきなり食べてはダメ!という事なのでプリンから(^O^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月18日 (木)

プチ断食?

プチ断食?
明日の検査に向けて
昨日の夜からこんな食事(-.-;)
夜はスープのみ、なかなか厳しいっす

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月10日 (水)

屋上から

屋上から
ギターの東大の屋上からの夕日、
まぁキレイ!
(^o^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 5日 (金)

呼び出し?

呼び出し?
7月に受けた健康診断で何やら問題があったらしく病院へ(ToT) なんだか面倒な検査を受けなきゃいけない?可愛いらしいナースのお話もちょい憂鬱
19日頃の断食?日記に乞うご期待!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 2日 (火)

レコーディング体験

さぁ、いよいよ『レコーディング体験Project』の受付がスタート!!

ドラム義塾生&ベース義塾生のみなさん、先着3名づつの貴重なイベント♪
ご予約はお早めに~(。・ω・)ノ゙

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ドラム義塾・ベース義塾プレゼンツ
『レコーディング体験Project』
プロのレコーディング現場をそのまま再現
レコーディングエンジニアに オフィス彩音工代表・坂本充弘を迎えて
一つの作品を仕上げるまでを総合体験するレッスン

対象:
ドラム義塾、ベース義塾、受講生のみ。

場所:
アダチ音研MoonriseStudio
日時:
2008年9月15日(月・祝)15時~
会費:
¥3,000(スタジオ料金、テキスト料金込み。)
参加人数:
ドラム3名、ベース3名

注)レコーディング作品は在校生に作品としてウェブサイトにて掲載させて頂きますので、
ご了承の上、御参加下さいます様お願い致します。

   
■お問い合せ■
株式会社アダチ音研
media@adachionken.net
フリーコール 0120-977-474
Tel/Fax 045-711-8282

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »