« 夏のイベント第二弾 | トップページ | 音友セッション・詳細 »

2011年8月 6日 (土)

夏のイベント・参考例です!

「夏のイベント」

安達たけしの音楽理論研究室


ってつまりのところ何をやるの!?

という疑問もあったり(^^)


というわけで、そんな疑問を解消すべく

どんなシチュエーションがあり得るか?

参考例を出してみます!


テーマ1)

オリジナル曲を作ってもいつも同じような曲になってしまう・・・

どうしよう?think


安達たけしとの研究例)flair

oneコード進行は本当にそのパターンだけか!?

twoそれ以外のコード進行もしくは、コードを付け足すことによって曲調に変化が出ないか!?


three小節数に変化をもたらすことで劇的な変化は生まれないか!?


fourケイデンス(終止形)に捕らわれすぎていないか!?


fiveテンションの仕組みを高度解釈することにより曲のクオリティーが上がらないか!?


six思い切って拍子を変えることで違う曲に生まれ変わらないか!?


などなどなどなど~~~~!!!

(^^)


さあ、この夏、安達たけしといっしょに音楽研究しよう!note

|

« 夏のイベント第二弾 | トップページ | 音友セッション・詳細 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199512/52398669

この記事へのトラックバック一覧です: 夏のイベント・参考例です!:

« 夏のイベント第二弾 | トップページ | 音友セッション・詳細 »